松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの基礎知識 » 費用目安について

費用目安について

インプラント治療は保険対象外になることがほとんどで、多くの方が自由診療で受けています。こちらのページでは、インプラント治療の費用相場と、費用の内訳、被せものの費用、インプラントの保証についてご紹介します。

知って安心!インプラント治療費の相場

治療費は医師の技術力や地域によって変わる

医院の環境や医師の技術力、使用するインプラントシステムなどによって料金は変わります。また、地域によってもかかる費用は異なるようです。全国の治療費の相場を調べてみたところ、インプラント1本あたりにかかる治療費の平均は、全国と関東圏で以下のような差がありました。
  • 全国平均  20万~60万円
  • 関東平均  35万~45万円

治療費の内訳には以下のものが入ります。

  • 精密検査代
  • 診断料
  • 各部品代
  • 手術代
  • 治療技術料
  • レントゲンや口内写真代、模型代

各部品代とは、インプラント体(人工歯根)や人工歯(上部構造)、アバットメント(インプラントと上部構造を連結させる部品)、部品を連結させるネジやセメントにかかる費用を指します。抜歯や骨移植、歯のクリーニングなどの事前処置が必要な場合は、別途費用が発生します。

素材によっても費用は変わる

インプラント治療は、使用する被せ物の素材によっても費用は変わってきます。被せ物の1本あたりの費用は以下の通りです。

  • ジルコニアセラミッククラウン:9~20万円
  • オールセラミッククラウン:7~17万円
  • ハイブリッドセラミッククラウン:4~12万円
  • メタルボンド:5~15万円

「インプラント10年保証」を備えた医療機関での治療がおすすめ

「インプラント10年保証」は、第三者の保証機関から認定された歯科医療機関のみで受けられる制度のことです。治療後に不具合があっても、インプラントを入れた日から10年間は限度金額内で再治療の保証を行ってくれるので、万が一の時に安心です。この保証制度を備えた歯科医院かどうかも、事前にチェックしておくことをおすすめします。


インプラントの治療は虫歯治療に比べると高い費用がかかります。そのため検討できずにいる方もいるかもしれませんが、インプラントの医療ローンについてご紹介するので参考にしてみてくださいね。

医療ローンでインプラント治療を行う

インプラントに限った事ではなく、自費治療で行うものの中には総合的な費用がかなり高くなってしまうものがあります。そこで、現金で支払うのが難しいから検討できずにいる方にチェックして欲しいのが医療ローンです。

実際に多くの方は現金のみで支払うのが難しく、医療ローンを組んで支払いを行っています。インプラントの治療は安くても30万円以上の費用がかかることが多いので、お金の問題が大きくて検討できずにいる方は医療ローンも検討してみましょう。

歯科医院で取り扱っている医療ローンは一般的にデンタルローンと呼ばれます。

デンタルローンとは?

事前にローンの審査を受け、それに通れば信販会社が費用を立て替えて支払ってくれるものです。患者は支払いをしてくれた信販会社に対し、手数料を加えた治療費を分割で返済していく形になります。

歯の治療にはこだわりたいと思っているけれど、お金がないからどうしてもできる範囲が限られている…といった場合もデンタルローンが役立ってくれるでしょう。

どの信販会社でローンを組むことになるかによって変わってきますが、84回払いなど、かなり多い返済回数から選択できるので、自分にとって最適な返済額が見つかりやすいのも魅力です。

医療ローンの審査について

各歯科医院によって取り扱っている信販会社は異なり、それぞれ審査の難しさも異なります。保証人は必要ないところがほとんどで20歳以上の安定した収入がある方ならば問題なく申し込めるでしょう。

働いていない子供や高齢者の方が申し込みをする場合は保証人や連帯保証人を求められることもあります。

多目的ローンとの違い

医療ローンではなく多目的ローンを利用しようと思っている方もいるかもしれません。しかし、用途が限定されていないローンやクレジットカードの場合、金利が高くなってしまうので注意しておきましょう。

デンタルローンの場合は歯科治療に関わるものにしか利用できませんが、限定的な目的で使われるローンは低金利な傾向にあり、デンタルローンの場合も多目的ローンやクレジットカードに比べるとかなり金利を抑えられます。

医療ローンを検討する際の注意点

ローンを組まずに支払うのに比べると分割手数料が発生します。具体的な分割手数料は各信販会社によって異なるのでよく確認しておきましょう。

また、すべての歯科医院で医療ローンが選択できるわけではありません。インプラントのような高額になる治療法を取り扱っているところでは医療ローンを取り扱っているところが多いですが、念のため事前に確認しておきましょう。

医療費控除を忘れずに

インプラントは通常の虫歯治療などに比べると高い費用がかかります。そこで必ず頭に入れておきたいのが医療費控除です。

これは1月1日から12月31日までにかかった医療費が10万円を超えた場合、税務署に申告をすれば住民税が減額になったり、払いすぎた税金の還付金が受けられる制度のこと。自分で申請をしなければならないものなので注意しておきたいですね。

インプラント治療は最低でも数十万円の費用がかかるため、ほとんどのケースでは医療費控除になるでしょう。また、この10万円というのは生計を一にする親族の医療費すべてが含まれるので家族の分も合算できます。

忘れずに申請しましょう。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ