松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの基礎知識 » インプラントと入れ歯・ブリッジの違い

インプラントと入れ歯・ブリッジの違い

歯を失ってしまった場合、整える方法はいろいろあります。代表的なのがインプラントと入れ歯、ブリッジの3種類でしょう。ただ、これらの違いがわからないと自分にとってどれが最適なのかわかりにくいですよね。

自分にとって最適なものを選ぶためにもそれぞれの違いについてご紹介しましょう。

インプラントと入れ歯の違い

昔から歯を失った部分を補助する方法といえば入れ歯が一般的でした。それに比べてインプラントは最近登場した方法だともいえるでしょう。

どちらも人工の歯を入れる方法ではありますが、入れ歯の場合は取り外しができてインプラントはできないといった違いが挙げられます。
入れ歯はその名の通り口の中に入れる歯のことで部分入れ歯と総入れ歯に分かれるのですが、手軽なのが魅力ですね。

一方でインプラントは歯茎に人工の歯根を埋め込み、そこに義歯を被せる方法となっています。土台にしっかりと装着するため自分で簡単に取り外すことはできません。

ここが最も大きな違いだといえるでしょう。
入れ歯だとグラついてしまうこともありますが、インプラントの場合は自分の歯と同じようにしっかり物を噛むことができます。歯磨きについても自分の歯と同じようにできるので入れ歯専用の洗浄剤などを購入する必要がありません。

若い方の中には入れ歯に抵抗がある方もいますが、そういった場合でも見た目が自分の歯と同じようになるのでインプラントは検討しやすいはずです。

入れ歯に比べた場合のインプラントのデメリットといえば、自由診療になるため費用が高いということ。入れ歯の中には保険が適用されるものもありますが、インプラントの場合は基本的に保険は適用されません。

また、糖尿病や骨粗しょう症、高血圧などがあるとインプラントが選択できない可能性もあります。

インプラントとブリッジの違い

続いてインプラントとブリッジの違いについてですが、ブリッジの場合はインプラントと同じように自然な見た目が魅力です。保険が適用されないのもインプラントと同じです。

ただ、ブリッジの場合は周りの歯に固定をしなければならないため、健康な歯を削る必要があります。削れた歯はすり減り、歯の寿命が短くなってしまうのです。

また、失われた歯にかかる力を両隣の歯で支えるわけなので両隣の歯への負担が大きくなり、下手をすると歯根と呼ばれる部分が壊れたり割れてしまうこともあります。

装着している際に特に違和感はありませんが間に食べ物が詰まりやすく、虫歯や歯周病には十分注意していかなければなりません。

インプラントは手術は必要であるものの自分の歯と同じように噛める治療法ということもあり、できるだけ自然で日常的に特別なお手入れなどが必要ない方法を探している方にも向いているでしょう。

治療費はインプラントの方が高くなってしまいますが、費用をかけてでも機能性を求めている方にはインプラントのほうが適しています。

インプラントによる咀嚼力の回復

インプラントが入れ歯やブリッジと大きく違うのは自分の歯と同じように物を噛めるということです。

こちらの論文によるとインプラントに切り替えることによりの岨噂能率の向上が見られたとのことなので、現在入れ歯やブリッジで咀嚼に問題を感じている方もぜひインプラントを検討してみましょう。

総義歯の患者の岨噂能率は,平均して歯牙欠損のない人の20%位しかないといわれる。リンドクイストらの研究では,取り外し式の入れ歯を装着していた人の岨噂力が,下顎にインプラント義歯装着後,2カ月ほどで85%増加し,3年後には約3倍に回復したと報告されている

出典:身体論の現在 10章 インプラント(先端的歯科治療)(II部 身体と歯科学) 井口次夫、吉田眞一
http://naosite.lb.nagasaki-u.ac.jp/dspace/bitstream/10069/6350/1/KJ00000715328.pdf

おいしく物を食べるためにはやはり自分の歯で自然にものを噛みたいですよね。歯に不安を抱えているとおいしいものもおいしいと思えなくなってしまうことがありますが、インプラントならば違和感なく自分の歯と同じように食べられるため、食事が楽しくなるはずです。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ