松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの基礎知識 » インプラントの種類

インプラントの種類

インプラントは使う人にとって最適なタイプを選べるように、さまざまな種類が用意されています。こちらのページでは、インプラントを種類、材質、システムの項目に分け、タイプ別に特徴をご紹介します。

インプラントにはどんな種類がある?

インプラントは多くのメーカーで研究・開発されています。海外のものも含めると、その種類は100以上もあるとのこと。形状やシステムに違いがあり、特徴や利点がそれぞれにあるので、どのタイプを使用するかは担当の歯科医師と話し合い、ご自身の状態に合わせて最適なものを選ぶようにしましょう。

インプラントの種類と特徴

ここでいう「インプラント」は、顎の骨に埋没させる人工歯根部分を指します。主に4種類のタイプがあります。

スクリュータイプ

ネジのような形をしていて、最も多く使用されているタイプです。骨に埋没させる穴が小さく、噛む力を効率よく骨に伝えることができます。

シリンダータイプ

ネジが円筒形で、凹凸がないため埋め込みが簡単です。ただし表面積が小さくなることから、初期固定が弱いという特徴があります。

バスケットタイプ

スクリュータイプに似ていますが、数カ所の穴が開き、中が空洞になっています。この穴があることで骨が中まで入り込み、骨と強く結合させることができます。しかし、インプラント自身の強度が弱く、破損トラブルが起きていることから、あまり使われなくなってきています。

ブレードタイプ

T字の板状になっており、幅が狭く薄いため、骨幅が狭い部分に使いやすいインプラントです。ただし、力のかかり方に偏りがあるので、破損などが起きやすいという欠点があります。

材質の種類と特徴

インプラントの材料として使われている素材は大きく分けて3種類ありますが、どの素材にも共通して使われているのがチタンです。チタンは金属アレルギーを起こしにくく、インプラントには欠かせない材質です。

純チタン

強度があり、腐食にも強い材質です。骨との親和性も高く、骨と結合して一体化するため、インプラントが抜け落ちることなく噛む力を伝えられます。純度が高いので、金属アレルギーを起こす心配もほとんどないと言われています。

チタン合金

純チタンより強度が高く、骨との結合性が高い材質です。加工性に優れています。

チタン・ニッケル合金

チタンと比較すると骨との結合性はやや落ちますが、成形しやすい材質です。形状記憶の特性を持っています。

インプラントシステムの種類と特徴

インプラント治療で多く使われているのが、以下の4種類です。世界シェアの大半を占め、「4大インプラントシステム」とも呼ばれています。

ブローネマルクインプラント

スウェーデンのノーベル・バイオケア社が手がける世界初のインプラントシステムで、40年以上の歴史と実績があります。インプラントが比較的長くて大きいため、日本人の骨格では、使用が限られる場合があります。

ストローマンインプラント

スイスのストローマン社が手がけるインプラントで、信頼性の高いシステムで知られています。インプラントが比較的小さいため、日本人の骨格に適しています。

アストラテックインプラント

スウェーデンのアストラテック社が手がけています。骨との結合性をより高めるため「二酸化チタン」をインプラントの表面に吹き付けるという独自システムを開発し、シェアを伸ばしつつあるブランドです。

スイスプラスインプラント

アメリカのジンマーバイオメットデンタル社が手がける製品です。骨との結合を促すため、インプラントの表面をザラザラにしています。治療期間が短縮できるインプラントとして人気です。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ