松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの基礎知識 » メリット・デメリット

メリット・デメリット

失った歯を取り戻すことができ、残った歯を守る上でも有用な治療として人気のインプラント。治療を決める上ではこうしたメリットばかりでなく、デメリットについてもきちんと理解しておくことが大切です。

インプラント治療のメリット、デメリットを確認

インプラント手術をしてしまってから後悔しないためにも、こちらのページでメリットとデメリットについて事前に確認し、納得した上で治療を決めましょう。

メリット

違和感なく噛める

インプラントは入れ歯やブリッジのような歯の補装具と違い、人口の歯根を顎の骨に埋め込み、しっかりと固定します。そのため違和感なく自分の歯で噛んでいるような実感があります。入れ歯を作ってみたものの、どうしても違和感が大きく、物を食べることを楽しめない、辛く感じてしまう方もインプラントであれば問題ありません。 物を食べる際には十分に咀嚼してから飲み込むのが理想的です。そうしなければ食べ物に含まれている栄養素が消化吸収されにくい状態になってしまいます。健康的な体を作るためにも違和感なく噛めることは非常に重要だといえるでしょう。

固いものも安心して噛める

インプラントはがたつきがないので、入れ歯では躊躇しがちなおせんべいなど、固いものでも安心して噛み、食べることができます。食べるものを選ばなくてよくなるのもインプラントの大きなメリットです。とくに好物が固いものの場合入れ歯やブリッジだと我慢しなければなりませんが、そういったこともありません。 自分の歯で物を噛むのに比べると入れ歯は30~40%程度の力でしか噛めなくなります。当然ながら食べられるものの種類も限られますし、物を食べる際に一つひとつ食べられるか考えるのは楽しいことではありませんよね。 食を楽しむためにもインプラントが役立ってくれるはずです。

残っている歯に負担をかけない

手術の際に隣り合う歯を削ったり抜いたりする必要がないので、残っている歯や健康な歯への負担もありません。見た目も元の健康な歯のようになります。さらに、インプラントはそれぞれ独立して手術する場合が多いので、治療が必要になっても、悪くなった部分だけを治療すれば済みます。例えばインプラントではなくブリッジの場合、ブリッジを入れる両隣の歯を削らなければならないのですが、もしも両隣の歯が健康的だった場合、無駄に傷付けてしまうことになりますよね。 インプラントは歯1本1本に対して独立した治療が可能となっているため、健康な歯はできるだけ傷付けずに残したいと思っている方でも安心です。

発音しやすい

入れ歯にすると最初のうちはどうしても「話しにくい、発音しにくい」と感じる方もいるのですが、インプラントはそういった心配はほとんどありません。自分の歯と同じような感覚になるので、人とたくさん話をするような仕事をしている方でも安心できるでしょう。

 

 

デメリット

手術は必須

手術に不安を持つ方もいるかもしれませんが、インプラントは人工の歯根を顎の骨に埋め込む必要があるため、手術は必須です。歯の治療の中には手術を行わなくて良いものもたくさんあります。例えば、ブリッジや入れ歯を使う場合、手術は必要ありませんよね。 絶対に手術はしたくない…という方だとこのデメリットが大きく出てしまうかもしれません。

費用は自己負担

インプラント手術は保険適用外です。自由診療となるため手術費用は自分で負担しなければなりません。手術の難易度や、人工歯根を埋め入れ本数などによって、かかる費用は変わります。一般的にインプラントで使われている機材などはとても高いものなので、どうしても治療費は高額になりがちです。しかし、確定申告でしっかり申請を行っておけば医療費控除が受けられるので、こういったポイントでできるだけ損をしないように注意しておきましょう。

治療ができない場合もある

全身に疾患がある方、骨が弱い方や骨が薄い方の場合、インプラント治療ができない場合もあります。例えば、重度な糖尿病で治療を受けている方、骨がもろい骨粗しょう症の方などはインプラントを使用した治療が受けられない可能性があります。手術自体は出来たとしてもインプラント治療でうまく骨とインプラントがくっつかない可能性があるのです。 このような状態になるとインプラント手術は成功したとは言えないので、リスクのことを考えて初めから断られてしまうこともあります。希望者ならば誰でも選択できる手術ではありません。

定期メンテナンスも必須

インプラントを維持するため、手術後は定期的な検診やメンテナンスが必要です。インプラントは自身の歯と違って細菌を防御する力が弱く、歯石がつきやすいのです。これを放置すると歯茎が腫れたり、不安定になってきたりすることがあります。最悪の場合は、歯周病で抜けてしまうこともあります。そのため、普段から念入りな口腔衛生管理を行わなければなりません。インプラントの手術は保険が適用にならないとご紹介しましたが、定期メンテナンスを行う場合も保険が適用にならないので総合的にいくら費用がかかり、自分の場合はそれを支払えるのかどうかまでしっかり考えておきましょう。

場合によっては障害が残ることがある

インプラントの手術では外科的手術を行うこともあり、必ずしも成功するとは言いきれません。確率は非常に低いですが、神経や血管を傷付けてしまうと何らかの障害が発生する可能性もあるのです。 ほとんどの場合はしびれなど2~3日で治まる違和感程度のものですが、全くリスクがないわけではありません。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ