松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの基礎知識 » インプラントできないケースとは

インプラントできないケースとは

インプラントは優れた治療法ですが、残念ながら、治療を受けられない方もいます。こちらのページでは、インプラントができないケースや、担当医師と相談のうえでインプラント治療が受けられるケースなどについてご紹介していきます。インプラントを検討している人は、参考にしてください。

インプラントは万人が受けられる治療ではない

治療ができるか否かは歯の状態だけでは決められません。顎内の骨の状態を把握することも重要で、事前診断が必要になります。

絶対に治療を受けられない人

以下の方は、基本的にインプラントができません(絶対的不適応)。

  • 免疫不全の方
  • 1型糖尿病の方
  • 白血病の方

免疫不全の方は抵抗力が低く、歯周病を引き起こしやすいためです。生活習慣の改善ではコントロールできない1型糖尿病の方も、抵抗力や免疫力が低いため、治療は受けられません。

また、放射線治療などを受けている方で、特に顎骨に放射線を受けている場合も治療を受けられません。

なお、ホルモン治療を受けている方は、インプラントの失敗に関連があるという研究結果が出ているので、あまりおすすめできないようです。担当歯科医師に確認してみましょう。

努力次第で受けられる人

以下のような方は、担当医師や担当歯科医師との相談の上、インプラント手術ができる場合があります(相対的不適応)。

  • プラークコントロールが苦手な方
  • 心筋梗塞、高血圧などの循環器疾患がある方 
  • 血小板減少症などの血液疾患
  • 糖尿病の方 
  • 肝臓・腎臓疾患、及び免疫疾患のある方
  • 口腔内疾患がある方(歯周病、歯ぎしり、顎関節症、咬合異常)

プラークコントロールは、歯磨きを習慣づけ、正しい磨き方の指導を受けることで改善できます。

また、成長期のお子さんや妊娠中の妊婦さんもインプラント治療は難しいのですが、その時期を過ぎれば治療を開始することができます。

インプラント治療を検討されている方は、治療時期や治療を始めるまでの対処方法について、担当の歯科医師に相談し、治療開始の準備をしておきましょう。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ