松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの基礎知識 » インプラント治療中の仮歯について

インプラント治療中の仮歯について

インプラントの手術をすることになった場合、仮歯についてもチェックしてみましょう。どのような目的で使われるのか、特徴は何なのかなどについてご紹介します。

インプラント治療中に使う仮歯の役割

インプラント治療では骨とインプラントが結合するのを待ってから人工歯を取り付けなければなりません。しかし、すぐに人工歯を取り付けたとしても状態が安定しないため、安定するのを待つまでの間に仮歯を取り付けます。

インプラントの治療の中では歯茎の切開も行うため、一日で完了するものではありません。基部の定着を待つ必要もあり、長い期間をかけて行う治療法だといえるでしょう。

人によって完了するまでの期間は違うものの、3ヶ月以上かかるのが一般的です。
一般的な虫歯治療とは異なり、インプラントは大掛かりな手術になります。そのため、治療の途中で歯がない状態になることもあるのでは…と不安に思っている方もいるようです。

仮歯は普通の歯と同じような見た目をしているため、すぐに人工歯を取り付けることができないからといって歯が抜けたような状態に見えることはありません。この点は安心できるでしょう。

仮歯を入れておけば隣の歯が寄ってくるようなこともありませんし、見た目の問題も解消されます。それだけではありません。仮歯は患部に蓋をする役割を持っているのです。口の中には非常に多くの細菌が存在しているため、蓋をしないと患部から細菌が侵入し、大きなトラブルに繋がってしまう恐れがあります。

仮歯を入れておけば食事をする際にも歯がないことを気にする必要はありませんし、それまでと同じように物を食べることができるでしょう。ただ、仮歯は土台にきちんと接着されているわけではないため、ガムなどを食べた時に外れる恐れもあるので気をつけておいてくださいね。

プロビジョナルクラウンについて

プロビジョナルクラウンとは、インプラント治療の中でも、ほぼ最終段階に近いときに使われる仮歯のことです。この仮歯は実際に入れるインプラントの人口歯と非常に近いものになります。

つまり、実際に人工歯を入れた時のテストのような役割を持っているわけです。もしもプロビジョナルクラウンを入れた際に何らかの不具合を感じる場合はそれをもとにして作られる人工歯を装着した後も不具合を感じる可能性があるため、早い段階で相談をしておきましょう。

例えば、しゃべった時や食事のときに違和感がある、話しにくいなど。

プロビジョナルクラウンはレジン製であるため、足りないところを付け足したり、不要な部分は削るなどの対策が取れます。この段階で自分にとって最も理想的な人工歯に整えておきましょう。

もしも違和感があるにもかかわらずそれを伝えずにいると仮歯をもとにして本歯が作られるので注意しておきたいですね。

仮歯の段階で長期放置はNG

仮歯が入れば自分の歯との違いがわからなくなるため、見た目的には特に問題がない状態になります。そのため、インプラントに限った事ではなく、歯科医院で虫歯の治療した際に仮歯を入れてもらい、その段階で治療が中断している方もいるのではないでしょうか。

しかし、これはおすすめできません。というのも、仮歯はあくまで仮の歯。治療する際に取り外しやすいような接着力になっていますし、プラスチックで作られているために擦り減りやすいのです。

擦り減ってかみ合わせが変わった場合にはインプラントに与える刺激が大きくなり、抜け落ちてしまう可能性もあります。必ず仮歯の段階で治療を中断するのではなく、完了させましょう。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ