松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの基礎知識 » インプラントの寿命

インプラントの寿命

インプラントは高額なイメージがありますが、入れ歯やブリッジよりも耐用年数が長く、手入れや普段の心掛け次第で長持ちさせられます。こちらのページでは、インプラントの寿命や長持ちさせるためのポイント、再手術が必要となる場合などについてご紹介します。

長持ちする?インプラントの寿命を調査

ケアを心掛ければ10年は使えるインプラント

入れ歯、ブリッジ、インプラントの平均的な寿命を調べてみると、以下のようになりました。

  • 入れ歯:4~5年
  • ブリッジ:7~8年
  • インプラント:約10年

入れ歯やブリッジに比べると、インプラントの累積残存率は10年で9割を超えています。「第2の永久歯」と呼ばれるほど長く使えるものです。インプラントメーカーの中には10年間のメーカー保証を設けている企業もあるので、適切な処置をすれば、保証期間内は安心して使い続けることができるものだと考えられます。

インプラントの寿命を延ばすためにも、日ごろから心掛けたいのは、以下のことです。

  • 歯磨き
  • 定期検診
  • 噛み合わせ調整
  • 歯ぎしり対策

上記のようなケアを習慣づけ、ご自身の歯とともにインプラントを守りましょう。また、違和感があれば、すぐに担当の歯科医院に相談し、受診するようにしましょう。

インプラントが長持ちしない原因

インプラント周囲炎にかかっている

インプラントをダメにしてしまい、再手術が必要となる方は「インプラント周囲炎(インプラント周囲粘膜炎)」にかかっていることが多いようです。インプラントの歯周病ともいわれるもので、日ごろのメンテナンス不足から引き起こされます。インプラントに付着したプラークや歯石によって周囲の歯肉が細菌に感染し、出血やインプラントのグラつき、脱落などの症状を招いてしまいます。インプラント周囲炎は天然歯の歯周病と似たような症状ですが、歯周病よりも進行しやすく、自覚症状が少ないものです。そのため気付いた頃には手遅れになっていたという場合も多くあります。

インプラント自体に問題がある

インプラント自体に問題が起き、部品交換をしなくてはいけない場合も、再手術が必要となります。このような場合に備え、インプラントの寿命を想定した保証をしっかりと確認しておくようにしましょう。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ