松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » ニーズ別・インプラント歯科ガイド【松戸版】 » 歯周病も治したい

歯周病も治したい

インプラント治療を必要とする患者さんは、かなり多くいるのが現状です。

その中には、歯周病を患っている患者さんもいます。

さらに、自分が歯周病だと思わずに過ごしている方も多いとされています。

先に申し上げますと、歯周病のままではインプラント治療ができません。

なぜならば、せっかくインプラントを施しても歯が抜けてしまうリスクがあるからです。

また歯周病ではありませんが、似た症状にインプラント周囲炎も存在します。

歯周病とインプラントの関係性について、もう少し詳しく見ていきましょう。

日本人の8割が歯周病!?歯周病の実態

平成26年度の歯周病の患者数は、厚生労働省の統計によると331万500人です。

(参考:厚生労働省「平成26年患者調査の概況」より
http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/kanja/14/index.html)

3年ごとに患者調査が行われており、前回よりも65万人以上増加しました。性別の内訳を見てみると、男性137万3,000人、女性194万2,000人です。

女性のほうが、男性よりも多い傾向にあります。

データからも分かるように、国内で歯周病を患っている方はとても多いとされています。

今や、日本人の8割が歯周病ともいわれるほどの国民病。自分では気づいていなくても、歯周病を患う可能性が大いにある怖い病気なのです。

歯周病の原因は歯周病菌であり、歯周病菌を増加させているのは日々の生活習慣です。

食後に歯磨きをしないで寝てしまう、間食ばかりしてしまう、タバコを吸ってもそのままにしてしまうなど、ついついやっていませんか?
何気ない習慣が続くと、歯と歯茎の間に歯垢(しこう)が溜まってしまうでしょう。

歯垢の中に歯周病菌が潜んでおり、少しずつ歯周組織にダメージを与えていきます。

歯周病のままではインプラント治療がなぜできない!?

インプラントは決して万能な治療ではなく、症状によっては歯科医院で治療を断られる可能性があります。

歯周病を患っている場合は、まず歯周病の治療をしてからインプラントを行うのが安全で確実な方法です。
そのため歯周病がある方は、インプラント治療の前に歯周病を治すケースが多いとされています。

実際には、インプラントの治療前に検査を行います。問診や口腔内検査、X線撮影などを行い、患者さんの歯と体の健康状態を把握して初めて、正確な処置が可能です。

無理してすぐにインプラント治療を行わない歯医者こそが、患者さんの歯を大切にしているといえます。
また、インプラントは細菌に非常に弱い性質です。歯周病を患っている方の歯には、細菌がたくさん潜んでいます。

細菌に弱いインプラントが、細菌だらけの環境で取り付けられても、きれいな状態を保てるはずがありません。

歯周病が原因によりすでに歯を失った方は、インプラント治療の前に意識改革を求められるでしょう。

歯の適切な衛生管理ができなければ、いくら高価なインプラントを取り入れても長持ちしないはずです。

インプラント治療の前段階をとても大切にする歯科医院では、歯周病を治してからのインプラント導入を検討しています。

歯周病のままでは危険。直さなければいけない2つの理由

歯周病のままでは、せっかくのインプラント治療でも失敗してしまうでしょう。

そのリスクとして、次の2つの理由が挙げられます。

  • インプラントが抜けてしまう
  • インプラントが埋め込めない

インプラントが抜けてしまう

歯周病の状態では、歯周病菌の働きで歯周組織にどんどんすき間ができてしまいます。歯周病をそのまま放置していると、インプラントを支えるための組織もなくなってしまうでしょう。
たとえ高価なインプラントを埋め込んだとしても、すぐに抜けてしまって使えなくなってしまいます。

一度埋め込んだインプラントを長い間使うためにも、歯周病を治してからのほうがよいです。

インプラントを埋め込めない

インプラントはそもそも、あごの骨に装置(人工歯根)を埋め込みます。

しかしながら、歯周病菌には骨を溶かしてしまう働きもあります。

歯周病が進行してしまうとあごの骨がなくなり、インプラントを埋め込めない可能性が生じるでしょう。

歯周病により歯を失ってしまった方は、あごの骨が相当ボロボロになっています。

そうなってしまうと、インプラント治療を受けるまでに長い治療期間が必要です。

最近では歯周病により歯が抜けてしまった場合でも、インプラントの手段があります。

最先端の骨再生治療を取り入れている歯科医院であれば、進行してしまった歯周病でもインプラント治療が可能です。

ただし、この治療では特殊な手術を行います。

患者さんがインプラントと上手に付き合えないと判断されたら、たとえ技術のある歯科医院であってもインプラント治療を勧めてもらえないでしょう。

インプラント治療後も注意!インプラント周囲炎とは

インプラントの後も注意しなければいけない点があります。

それは、インプラント周囲炎です。

インプラント周囲炎とは、インプラントを埋め込んだ部分周辺の歯茎や骨が、歯周病のような状態になる病気です。
いくら高価なインプラントを取り入れても、日ごろのケアを怠ってしまえば歯周病のように細菌が増えます。

インプラントを支える周りの骨も、細菌により溶けていきます。

インプラント周囲炎を放置してしまうと、最悪の場合インプラントが抜け落ちてしまうでしょう。
さらにインプラント歯周炎は、進行のスピードが歯周病の10~20倍といわれています。

インプラント装着後に歯茎の痛みや腫れ、出血、膿が出たら十分注意してください。

また、インプラント自体に何か異常を感じたら、すぐ担当医に相談しましょう。

インプラント周囲炎の原因と対策

インプラント周囲炎の原因には、磨き残しが挙げられます。

インプラントの根元に歯垢が蓄積されると、周囲の歯肉にトラブルが起きやすくなります。

歯垢が出来るのは、食べ物がいつまでも歯に残っているからです。

きちんとした歯磨きをしていない、すなわち磨き残しがあるとインプラント周囲炎を引き起こします。

インプラントは日ごろのセルフケアが大切

インプラント周囲炎を発生させない対策として、日ごろのセルフケアが重要です。

周囲炎の原因となる歯垢を除去するためにも、通常の歯磨きに加えて、デンタルフロスやデンタルリンスを利用したオーラルケアを行うほうがよいです。

自宅でのセルフケアをきちんと行い、インプラント周囲炎を防ぎましょう。

歯科医院に行けば、定期的なメンテナンスもしてくれます。

きちんとしたセルフケアができているのか、自分ではなかなか判断できません。

担当医や歯科衛生士から正しいセルフケアのやり方を教えてもらいながら、インプラント周囲炎を未然に防ぐメンテナンスを受けましょう。

歯周病がある場合に選ぶインプラント歯科とは

インプラントと歯周病治療は、密接につながっています。失った歯を補うことだけに注目して、歯周病を治療せずにインプラント治療を行うと、その後さまざまな問題が発生することになります。

そのため、歯周病がある場合は、歯周病治療に対応できるインプラント歯科を選ぶとよいでしょう。

歯周病認定医を持つ歯科であれば、より専門的な知識や技術が期待できます。

加藤歯科クリニック

加藤歯科クリニックHP画像
引用元:加藤歯科クリニック(http://www.kato-implant.jp/)

松戸市で唯一、歯周病認定医による口内トータル治療を受けられる歯科医院です。大学病院などでは、インプラントと歯周病治療が別々の科になっており、医師も変わる場合が多く、連携面で不安もある点がデメリット。一方、ここでは同じ先生に診てもらえるので、かかりつけ医として、より安心して任せられます。

治療のポイント

  • オゾン治療を歯周治療に応用し、歯周病原菌の除去を行うことが可能
  • 歯周治療時に麻酔に針のない麻酔(Oraqix)を使用して痛みを軽減
  • 歯周病治療先進国であるスウェーデン・スカンジナビア方式の歯周治療を導入

公式サイトを見る

所在地 千葉県松戸市北松戸2-7-16
アクセス JR常磐線 北松戸駅東口から徒歩3分 ※駐車場完備
診療時間 月・火・金曜10:00~12:30、15:00~19:00
水曜10:00~12:30、15:00~18:00
土曜10:00~12:30、15:00~17:00
休診日 木曜・日曜・祝祭日(毎月第3水曜は午後休診)

東葛デンタルオフィス

東葛デンタルオフィスHP画像
引用元:東葛デンタルオフィス(http://www.tokatsu-dental.com/)

天然の歯を残すことに重きをおき、できるだけ患者さんの歯を残す治療を行っている東葛デンタルオフィス。医院長を中心に、インプラント・歯周病・矯正など各分野の専門医が連携して治療を行います。これにより、担当医だけの偏った判断ではなく、多角的に吟味した治療法を提案します。

治療のポイント

  • 歯周病専門医との連携により「チームアプローチ」を実施
  • 専門医が歯周病治療を担当
  • 歯を残すことを前提に歯周病治療を実施

公式サイトを見る

所在地 千葉県松戸市根本2-12 ミヤザワビル2階
アクセス JR常磐線(上野~取手)/新京成線 松戸 徒歩2分
診療時間 月・木・金曜日/10:00~13:00、14:00~21:00
火曜日/10:00~13:00、14:00~18:00
土曜日/10:00~13:00、14:30~18:00
日曜日/10:00~14:00
休診日 水曜日

日本大学松戸歯学部付属病院

日本大学松戸歯学部付属病院HP画像
引用元:日本大学松戸歯学部付属病院(http://www.mascat.nihon-u.ac.jp/hospital/)

口腔内だけでなく、全身のトータル治療が行える日本大学松戸歯学部付属病院。歯周病治療は歯周科、インプラント治療は口腔インプラント科にて診察します。プラークコントロールや歯石除去など、基本治療で改善されない重度の歯周病の場合は、組織再生の外科手術を受けることができます。

治療のポイント

  • 歯周基本治療を行っても改善されない場合に、歯周外科治療を行う
  • 厚生労働省認可の手術法「歯周組織再生誘導法」を実施

公式サイトを見る

所在地 千葉県松戸市栄町西2-870-1
アクセス JR松戸駅
バスで日大歯科病院(流山街道経由)15分
バスで日大歯科病院(古ヶ崎経由)20分

JR・つくばエクスプレス南流山駅
バスで松戸駅(南流山中学校経由)行きから「日大病院入口」下車15分、徒歩5分
診療時間 【初診】
平日9:00~11:00
土曜9:00~10:00
※土曜日の受付は
①紹介状(診療情報提供書)持参の方のみ。
②小児歯科、矯正歯科、顎関節咬合科、口・顔・頭の痛み外来、医科受診の方のみ。
【再診】
平日9:00~15:30
土曜9:00~12:00
休診日 日曜・祝祭日・年末年始・創立記念日(10月4日)

 

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ