松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントのメンテナンス特集 » 【注意】インプラント周囲炎とは

【注意】インプラント周囲炎とは

「インプラント周囲炎」は、インプラントを埋め込んだ部分周辺の歯茎や骨が、歯周病のような状態になる病気です。こちらのページでは、インプラント周囲炎の症状や原因、その予防法についてご紹介します。

インプラント周囲炎はどのようにして起こる?

インプラント治療後に日ごろのケアを怠ってしまうと、インプラントの周りの歯茎や骨が歯周病のような状態になり、インプラント周囲炎を引き起こしてしまいます。この病気にかかると骨や歯茎が痩せていき、最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

原因

インプラントはチタンやセラミックといった素材で作られているので、天然歯のように虫歯になることはありません。しかし、インプラントを埋入している骨の周囲にはご自身の歯茎があります。そのため磨き残しなどがあるとインプラントの根元に歯垢が蓄積されていき、周囲の歯肉にトラブルが起こりやすくなります。

症状

  • 痛み
  • 歯茎の腫れ
  • 出血
  • 膿が出る
  • インプラント周囲の粘膜が赤くなる
  • インプラントと歯茎の溝が深くなる
  • 歯茎が痩せる
  • インプラントが抜ける

歯垢は雑菌が繁殖しやすいので、これを放置すれば、インプラントを支えている周りの骨も徐々に溶かしていきます。するとインプラントはぐらつき、やがては抜け落ちてしまうことになります。

インプラント歯周炎は進行のスピードが、普通の歯周病の10~20倍と言われています。これらの自覚症状が出た場合は、すみやかに担当医に相談が必要です。

予防法

インプラント治療をした方にとって欠かせないのが、自宅で行う日ごろのセルフケアです。

周囲炎の原因となる歯垢を除去するためには、歯磨きだけでなく、デンタルフロスやデンタルリンスを利用することが効果的だとされています。

歯科医院での定期的なメンテナンスも必ず行いましょう。口腔内の清潔を保つため、歯科衛生士が専用の機械で掃除をしてくれます。磨き残しを作ってしまいがちな歯と歯の隙間や、歯と歯茎の間の汚れの洗浄、固くなった歯石の除去などを行います。

そのほか、インプラントの調整なども行ってくれるため、定期検診は欠かせません。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ