松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラント成功のポイント » インプラント施術に必要な設備環境とは

インプラント施術に必要な設備環境とは

インプラント治療にかかせない設備・機器を紹介

このページでは、インプラント治療に使われる設備として「歯科用CT」「オペ室」「オゾン治療器」について紹介していきます。これらの設備が十分に整うことで、安心・安全なインプラント治療を受けることができます。以下の内容をチェックし、クリニック選びの参考にしましょう。

歯科用CT

インプラント治療をするクリニックを選ぶ際、歯科用CTがあるかどうかは重要なポイント。インプラント治療は高度な外科的手術と解剖学的な診断が必要なため、平面画像のレントゲンから得られる情報だけでは不十分なのです。

そこで、歯科用CTで撮影した3D画像(立体的画像)から顎の神経の位置、骨の厚みや質といった多くの情報を得ています。

インプラントの治療においてCT撮影は不可欠であり、歯科用CTがない歯科医院ではインプラント治療に必要な情報を十分に得られているかどうか、不安が残ります。

オペ室

インプラント治療を安全に行うために、手術中の滅菌対策は重要です。インプラント体を埋入した部位が細菌に感染してしまうと炎症が起き、大きなトラブルを引き起こす原因に。最悪の場合、インプラントが抜け落ちてしまうこともあります。

そのため歯科医院では、インプラント専用の施術室を完備し、施術用の空気清浄ユニットを導入することで徹底した減菌対策を行っているのです。ドクターの手元を明るく照らす施術用無灯影ライトやスポットライトなどを設置し、より細やかな施術を可能としている医院もあります。

患者さんの血圧や脈拍、体温をモニターで管理し、手術中の急なトラブルに備えている医院であれば安心です。

オゾン治療器

酸素から作られる「オゾン」を活用した機器です。オゾンには強い殺菌作用があり、歯の組織に付着したバクテリアを強い酸化作用によって殺菌・消炎・止血します。

インプラント治療後の痛みや腫れを緩和できる重要な機器です。なるべく痛みの少ないインプラント治療をしたい人は、ぜひ事前に確認をしましょう。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ