松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの失敗・トラブル例 » 外れる・破損する

外れる・破損する

インプラントのトラブル例の1つとして、インプラントが外れてしまったり、破損してしまったりした場合の事例を挙げ、その原因と対処法、歯科医院を受診するときのアドバイスについてご紹介します。

インプラントの破損事例

インプラントの外れや破損には、次のような事例が挙げられます。

【事例1】人工歯や被せもの(インプラント上部の構造)が外れた・破損した

人工歯や、被せものを付けているネジの緩み、破損、セメントの劣化、人工歯や被せもの自体の破損が考えられるケースです。

【事例2】「アバットメント(連結部分)」が外れた・破損した

アバットメントを付けているネジの緩みや破損、アバットメント自体の破損が考えられるケースです。

【事例3】「インプラント(歯根部分)」が外れた・破損した

インプラント周囲炎を起こしたことによる外れ、歯ぎしり、食いしばりなどによるインプラントの破損が考えられるケースです。

インプラントが外れた場合の対処法

上記のようなことでインプラントが外れてしまった場合は、すぐに歯科医院に連絡し、処置を受けましょう。受診までの間は外れた部分に負担がかからないように、硬い食べものなどは避けてください。

なお、外れてしまったパーツは受診の際に持っていくようにしましょう。上部の構造が割れただけであれば、再手術などの必要はなく、再製作してもらうことができます。 

インプラントは、部位や噛み合わせの力、素材によっても割れやすさに差がでます。保証内容や割れやすさなども、治療前に確認しておくと気を付けて使用できるでしょう。

歯科医院、再受診時のアドバイス

受診時は、外れた時期や外れたきっかけを必ず医師に伝えましょう。わかる範囲で良いので、できるだけ具体的に状況を説明しましょう。

外れた原因がインプラント周囲炎にある場合は、インプラントの部分だけに発生している場合は少なく、他の歯の部分でも似たような症状(歯周病など)が進行していることも多くあります。

インプラント周囲炎は、生活の乱れが引き金になっていることも多い病気です。

受診の際は食生活の注意点や改善点を聞き、ブラッシング指導を受けるなどして、生活習慣の改善に努めるようにしましょう。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ