松戸にあるおすすめのインプラント歯科医院を大調査

HOME » インプラントの失敗・トラブル例 » 痛み・腫れ・しびれが続く

痛み・腫れ・しびれが続く

こちらのページでは、インプラント手術後の「痛み・腫れ・しびれ」を調べている方に向け、これらの症状が続くケースをご紹介し、その原因や痛みを防ぐためのポイントを解説していきます。

インプラント手術後に出る症状

インプラント治療の後は、痛み、腫れ、しびれなどの症状が起こることは珍しいことではありません。外科的手術をしたのですから、痛みや腫れが伴わないことの方が珍しいでしょう。通常は処方された痛み止めを飲めば治まるものであり、症状が継続することはありません。しかし、痛みや腫れなどの症状が1週間以上続く場合には、治療を受けた歯科医院へ早めに相談することが重要です。

気になる術後症状

痛み

外科手術後ですので、麻酔が切れれば痛みも出ます。通常であれば長くても数日で治まるものですが、痛みが1週間以上続く、または痛み止めを飲んでも我慢できないほどの激痛がある場合には、すぐに歯科医院へ連絡しましょう。

腫れ

外科手術後なので、腫れも当然の症状です。抗生剤が処方されるので、最後まで服用しましょう。腫れは数日で落ち着いてきます。

出血

滲み出る程度の出血は全く問題ありません。しかし、黒い血の塊が出てくる、出血量が多いなど、症状に違和感がある場合は歯科医師に連絡しましょう。

しびれ

手術後にはしびれを感じる人も少なくありません。しびれは大きなトラブルが隠れている場合もあるので、長引く場合は歯科医師に連絡しましょう。

出血斑

手術を行った周囲の皮膚に皮下出血班が出る場合があります。日が経つにつれてなくなっていくものなので、心配はありません。

症状を起こす原因として考えられるもの

神経を圧迫・損傷

インプラントが神経を圧迫していたり、損傷してしまったりして、症状を引き起こしている場合があります。

インプラントが細菌に感染

インプラント自体が細菌に感染することによって、痛みが生じることもあります。細菌感染の原因として、器具や手術環境の衛生管理の不十分などが挙げられます。

松戸でインプラント治療を行っている歯科医院オススメ3選

ページの先頭へ